のれん製作は京都のれん!発注の注意点・チェックポイントまとめ

  • Home
  • のれん製作は京都のれん!発注の注意点・チェックポイントまとめ

のれんを発注する際の注意点

お店や室内用のインテリアとして用いることができるのれんは、
既製品の場合はデザイン的にあまり良好ではないことも目立ちます。

京都のれんから購入する方法であれば、希望に合っている
素敵な暖簾を見つけることができ、オーダーメイド品の受注も
行っているので、デザイン性に優れた利用者希望のものを
入手できます。

利用者の希望

のれんを発注する際には、いくつかの注意点はあります。
まずは、サイズをきちんと計測することです。1センチ単位で
対応しているので、メジャーで実寸を計っておくことは
欠かせません。

利用場所によっては素材選びも注意すべき内容です。
いくつもの素材から選べるので、質感や耐久性、対候性を考慮した
選び方は重要です。

暖簾という性質上、本来であれば屋外で利用をすることが
多いものです。この用途であれば、印刷方法も
注意すべき内容があります。

インクジェットで対候性の高い印刷を選ぶ他に、染め抜きや
シルクスクリーンも選択肢にあります。

全ての要素をきちんと精査した上で注文することで、
必然的に最適なのれんを活用できます。

のれん業者の選び方でチェックすべきこと

のれんの製作を行っている会社はいくつかありますが、
チェックすべき内容があるので、その点を踏まえて
利用先を考えることは必要です。

利用先を考える

京都のれんの場合は、オリジナル暖簾の製作を
得意にしているのですが、他の会社と比較した場合では
発注から完成までの期日が短く、料金プランも安めで
自由な規格で作れるメリットがあります。

このような会社であれば、思い通りの暖簾を利用することが
できるので、選んで失敗しない会社と判断できます。

優れたデザインを作り出せる技術力もチェックしたい内容です。
発注する際にグラフィックデータを作ることが
できない方であれば、デザイン制作も依頼する
方法になりますが、せっかく依頼をしてもデザインが
良くない場合では、後悔してしまいます。

優れたデザイナーさんが存在していて、尚且つ良い提案を
行っている会社であることも要チェックです。

対応枚数についてもチェックしておくと安心です。
1枚単位からでも注文できる会社の場合は使い勝手が良く、
予備用として3枚程度を注文することにも問題がないので
対応枚数は負担を考えてもチェックすべき点です。