京都のれん株式会社で好みの暖簾を印刷しよう!

  • Home
  • 京都のれん株式会社で好みの暖簾を印刷しよう!

のれんで店のイメージを表現する

顧客が目的の店を探している時、その店がどのような店で
あるのかを表していますと辿り着き易いでしょう。

のれんを活用する事で、店の雰囲気を作り上げる事ができ、
どのような店であるのかを表現する事が出来ます。

京都のれん株式会社では、既製品とは違うオリジナル性の高い
のれんをオーダーする事が出来るサービスを展開しており、
企業の要望に合わせて作ってくれます。

お店のイメージ

彩色は二種類用意されており、のれんらしさが出る本染め、
インクジェットプリンターを使った印刷です。

本格的な物を求めるのであれば、本染めの方が良いでしょう。

一品ずつ職人が染めていきますので、生地の風合いを感じる事が
でき、日本らしい店構えをしたい時に役立ちます。

一方で、支店が複数あって、大量ののれんを用意する必要が
ある場合はインクジェットプリンターによるプリントの方が
適しています。

注文から短期間で納品してもらえる可能性が高く、店のオープン日
に間に合わせたいという企業のニーズに応えてくれるでしょう。

インクジェットプリンターを使っても十分に和を感じさせる事が
出来るのれんに仕上げる事が出来ます。

京都のれん株式会社の技術は、企業が求める物を実現してくれるでしょう。

のれんに使われているプリント技術で印象が変わるのか

京都のれん株式会社のオーダーサービスを使う事で、企業は店の印象に
合ったのれんを注文する事が出来ます。

このサービスで使われている印刷方法は、インクジェットプリンターに
よるものと昔ながらの本染めに分かれます。

インクジェットプリンターでのプリントの売りは高速に刷る事が
出来る点です。

パソコンでデザインデータを作り上げ、そのデザインデータに
基づいてプリントを行っていきます。

pcで作る

その為、デザインの自由度が高く、大量にのれんを用意する事も可能です。

本染めの場合は、職人が一つ一つ染めていくスタイルですので、
大量に用意したい時には適していません。

しかし、インクジェットプリンターを使うよりも染め独特の
味わいを引き出す事が出来ますので、「和」のイメージを前面に
出したい時には本染めの方が良いでしょう。

老舗のお店ほど本染めののれんの方がイメージを引き出し易いでしょう。

印刷技術の進化によって、生地の模様に自由度が加わり、生産効率が
大幅に向上しています。

企業が店を出す時に、店のイメージ作りを行うアイテムとして
活用する事ができ、他の店との差別化を図るのに重宝するでしょう。

魅力的な製品を導入したい時にはオーダーサービスを使うのが良いです。